Sunny. すきなこととか、サイトのこととか。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
第一回文学フリマ札幌ありがとうございました!

 

そういえばブログでは告知しておりませんでしたが、本日第一回文学フリマ札幌、出店者として参加させて頂いておりました!

サークル参加が10年近くぶり(黒歴史)で震えるしかなかったのですが、今回持って行った小説をお手に取っていただいた方、お買い上げいただいた方両者とも本当に有難うございました!

 

割と本気で1冊だけでも売れれば良いなと思いながらお邪魔していたので、予想以上にお手に取って頂けて感謝しかございません……

 

ちなみに在庫ですが、現在BOOTHにて通販開始しておりますので、よろしければお気軽にどうぞ!

 

折角なので、今回出した小説本3冊のセルフライナーノーツを書かせて頂きます!

今回1冊たりともあとがきを書いてないもので……(笑)

 

 

結構な勢いでネタバレをしてますのでワンクッション。

 

 

 

PianoForte

ジャズBLもしくは音しか見てない系BLと狭山の中で言っている作品ですが、元々初出は6年前となります。

6年前に書き始めたものをこのタイミングで遂に形に出来たという時点で既に感慨深い作品であったり。

6年の時間が経過すると設定も諸々変わっていたりしますが、一番酷い設定変更が恐らく圭佑さんの悪癖。

6年前はもっとまともな感覚を持った人だった筈なのに……

そしてまさかの主人公の名前の設定変更といった展開もございました。書いた本人である狭山だって驚きだよ。

雪子さんとかミケちゃんとか書いた当初には居なかった人達も増えて来て、狭山が書く小説としては登場人物の人数が多いなと感じる作品となっている模様。その代わり片桐くんの恋人や南海ちゃんの先輩など当初出ていたキャラも削除されております。

書き始めた当初はWEB掲載での1話2500字程度の連載形式だった為に各話で一人称の視点が違っていたものを、基本を結城の一人称、幕間として南海ちゃんの一人称での短い話という形式で統一してみました。

 

6年前当時には狭山自身テナーサックスをジャズバンドサークルで吹いてたり、作中に出てくるMark困麓尊櫃防磴持っていてその蘊蓄を拝借したりだとか、割と趣味が込められている作品です。

当初16万字予定だったものを色々とショートカットをし7万字弱での完成となりましたが、9万字分は蛇足だったのだろうと思う程度にはすっきりと纏められたのではないかな、なんて。というか、本当に書き終えれて良かった……!

 

設定だけ作ってあった高校生紅一点バンドをこっそりと出すことが出来たのが楽しかったです。

元々ある作品同士の関係を繋ぎたくなるのは狭山の悪癖と言えよう……でも楽しいからやめられない。

狭山の書く現代モノは全てどこかで繋がっております。結局は同じ世界に生きている人々の話なので。

笹野が30代になってアーティストだったりピアニストとして活躍している結城や片桐君やリョーマのアルバム持ってたりね。

 

何だかんだ言って、PianoForte.については本編最後の4ページを書きたいがために120ページ近く書いた気がします。

折角だからと書いた昔の話も割と気に入っている。ここだけは結城父であるレオさん視点なんですよ。

出逢うべくして出会った二人である事をどうしても書きたかった。

 

ページ設定については課題が残りましたが、次回の糧としたいです……オフ印刷本当苦手……

そして書き終えて思ったんですが、こいつら指一本すら触れてない。昔の少女漫画だってもう少しは触れてる。

あと、ページが黒い。文字に埋め尽くされてる感すごい。昔から比べると本当余白を取らなくなったなという感想すら抱いてしまう作品となりました。

 

カバー下裏表紙のQRコードを読み取って頂くとPianoForte.で出てきた曲をYoutube動画と共に紹介させて頂いてます。

ご購入頂いた方で興味があれば是非とも読み込んで頂ければ幸いです!

 

 

 

その街は

絶対に名前を出さない三人称小説を目指して書いたものです。三人称久々過ぎて意味が分からなくなりました。一人称に慣れるって怖い。あと「ほしめぐりの旅」って言いたかっただけ。

もちろん男の名乗った名前は本来の名前ではないです。以前同じ仮名を使った人が当サイトに居るんですが、まぁその人ですよね。

この話については以前Twitterでやったハッシュタグで書いたものから膨らませたものです。途中で出てくる他の汽車は以前書いた「星の海を渡れども」のそれです。そっちの話も今後進めていきたい所存。

当サイトを知ってらっしゃる方が読むと恐らくわかって頂けるような気はしますが、この話に出てくる男女は笹野とセナさんです。

知らなくてもこの1冊で話は完結できている筈。

 

セナさんが着てる駅員服は某星野さんがとあるPVで着てた制服をイメージしていたりします。

 

 

 

星にねがいを。

何のひねりも無く当サイト既出キャラ達の恋愛模様を書いたものです。夜空を見上げる人たちの話が書きたくなって書いたのがこれだよ!でも当サイトキャラ知らなくても読めるように書いたつもりですので大丈夫です(多分)

まさかのNL(もどき)とGL(回想)とBLの混合盛りです。ただし全てがぬるいです。

元々星を見る話の掌編集にしようと思って考えていたのですが、スタンダード曲を絡めたがる悪癖が顔を出してしまい、各話夜をテーマにしたスタンダードをモチーフに話を書いています。ちゃんと曲を前提に話をしているのはホエンユーウィッシュ〜とフライミー〜の2本だけですがその他の2曲もタイトル曲の歌詞をモチーフにして話を書いております。

 

出来るだけ名前を出さずに書く事を目指していたのですが、折角なのでここで公開します。

今回出てきた人たちは冒頭から舞島x笹野、笹野の高校時代の彼女、篠原x瀬波、青嗣x宇宙となっております。

笹野の高校時代の彼女が今後もチラリと出て来そうな予感を察知しております。

 

 

書いた本の厚みとライナーノーツの文章量が比例してて笑える。

 

| 00:46 | Site. | comments(0) | - | posted by 狭山 |
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>